こんにちは

 

ソロキャンプ向けサイズのワンポールテントのたたみ方について写真を使いながら解説してみたいと思います。

使うテントは保有しているテンマクデザインパンダですが、似たようなテントも同じ要領でたたんでいます。

ソロキャンプサイズのテントは1人でたたむのが基本なので、きれいにたためるたたみ方を覚えて現地ではサッと片付けることができるようにしておきたいものです。

三角形のテントなので三角形に折っていくのがコツですね。

 

ワンポールテントをきれいにたたむ

フライシートを広げる
(テンマクデザイン パンダクラシック)

ワンポールテントはその名のとおり1本のポールと1枚の幕で構成されていて、ソロサイズの幕は広げると主に四角形をしています。

四角形なのでこの状態のまま半分に折りすすめていってもたたむことができるのですが、中央の屋根の部分が整っていないまま折り込まれていくので目立ったシワができないか気になってしまいます。

 

ワンポールテントを2つ折り

できるだけぐちゃぐちゃにならないようきれいにたたみたいので、まずはテントの頂点を持ってバサバサと汚れを落としてから頂点を中心に2つ折りします。

 

ワンポールテントを五角形にたたむ

すると五角形になりますが、五角形のままだとたたみにくいので両端を中央に向けて折ることで三角形にしていきます。

 

ワンポールテントを三角形にたたむ

三角形ができたら頂点を持って半分に折ります。

 

ワンポールテントを半分にたたむ

そしてさらに半分。

 

ワンポールテントのたたみ方

収納ケースにちょうど収まるサイズになったところで、両端の三角形を折って丸めやすくします。

 

ワンポールテントをたたむ

四角形のちょうど良いサイズになったら、あとはくるくると巻いて最後にヒモで縛れば完成です。

 

ワンポールテントをきれいにたたむ

折り紙感覚で折りすすめていってきれいにたたむことができました。

付属の収納ケースにすっぽりと収納できて、保管状態も良く、次に使う時も使いやすいです。

 

ひとりごと

濡れたままのテンマクパンダ

テントが濡れたままだったり、すごい急いでいる時はとりあえず適当にまとめて持って帰り、乾かしてから改めて上記手順でたたみ直します。

 

熊井浜でビーティピを設営

他にもソロサイズのワンポールテントはビーチで使うDODビーティピを持っていますが、たたみ方の要領はテンマクパンダと同じで三角形に折り進めています。

だいぶ慣れてきたので1人でもきれいにたたむことができています。

 

テンマクパンダで蒜山高原キャンプへ

ワンポールテントは部材が少なくてシンプルなので設営しやすくて片付けやすいテントです。

元々たたみやすい形をしていますが、よりきれいにたたもうと思ったら三角形を意識しながらたたんでいくと良いと思います。

 

新幕テンマクパンダクラシックが到着

買ったばかりの新幕の状態には及びませんが、できる限りきれいにたたんでおくことでテントが長く使えるような気がします。

きれいにたたんで収納できていれば、次に使う時に気持ちよく使うことができますね。

 

関連記事一覧

 

 


ブログランキング

↓この記事が参考になったらいいねのクリックをお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

あなたにおすすめ







@torikamablogをフォローする