こんにちは

気になってたDOD新商品の木目調ビッグタープポールとチンアナゴペグをセットで買ってみました。ウッドポールの雰囲気とチンアナゴペグのアイデアが良い感じの組み合わせです。

 

DODから気になる新商品が発売

DODカマボコテント2を買ってからDODの商品が次々と増えていってます。
DODは他には無いようなアイデア商品が結構ラインアップされてて、一定の品質のものが手に入れやすい価格帯で販売されているのでつい買ってしまうんですね。

2018年に入ってからも続々と新商品が発表されてる中、気になってたのが、

 

木目調ビッグタープポール!

ビッグタープポールはブラックを2本使っていてその品質や使いやすさは折り込み済み。そのビッグタープポールのニューカラーとして雰囲気のある木目調が発売されることになったので気にならないわけがありません。

ポールは既に何本もあるので使うぶんには困らないのですが、この木目調はカッコ良いので欲しいなーって思ってました。

 

木目調ビッグタープポールの用途

以前ビッグタープポールのブラックを追加購入しようとしたら売り切れで買えなかったことがあり、DODの商品は一度売り切れると次の再販がいつになるかわからない場合もあるので売り切れる前に買っておこうとこの木目調を1本だけカゴに入れました。

 

1本だけにしたのはタープ用ポールはもうブラックで揃ってるのでランタンスタンド用ポールとして使いたかったからです。

ランタンスタンドとして使いたいのは特にテント内。カマボコテント2の上部にはランタンフックがあるのでここにランタンをかけることが出来るのですが、強度や安全性等からどうしても燃料系等の大きいランタンを付けることはできず小さめのLEDランタンをいつも付けてます。

インナー側の照明はそれでもいいですが、食事をしたりするリビング側の照明となると天井の小さいランタンだけでは明かりが足りず、テーブルにランタンを並べても高さのある鍋の中は暗くてよく見えません。

テント内にランタンスタンドがあれば便利だなーって思うけど、でもテント内にポールを立てるのもなかなか難しいし狭くなるなーって思ってた時に次の商品が発売されました。

 

便利そうなチンアナゴペグが発売

ほぼ木目調ビッグタープポールと同じ時期にDODよりチンアナゴペグが新登場しました。ペグを打つことでポールを固定させることが出来るようになるアイデア商品です。

このような商品を待っていました。

ポールのみを立てる場合はロープを使って固定させる必要がありますが、ロープを伸ばすスペースやペグ打ちが必要になります。それがこのチンアナゴペグなら1回のペグ打ちでポールを自立させることができ、省スペースで済むのでテント内でも手軽にランタンスタンドとして使えるようになります。

ということでこちらも1つカゴに入れ、木目調タープポールと合わせてワンセットを購入しました。

 

DOD新商品セットが届きました

そして既に届いてます。手前がチンアナゴペグですが1本しか買ってないのに意外と大きいことにちょっと驚きました。段ボールの中を早速開けてみましょう。

チンアナゴペグは長さ60cmスチールペグ。専用ケースの中に27cmのランタンハンガーも付いています。

木目調ビッグタープポールは専用ケースに長さ50cmのポールが5本あり、分解式なので50cm単位で高さ調節が出来るようになっています。直径28mmのアルミポールは強度があってしっかりしているので安心して使うことができます。

天井高195cmのカマボコテント2の場合だと、ポールを3つ組み合わせて150cmのランタンスタンドとして使うことができます。

 

実際に使ってみました

届いたら早速使ってみたくなりますね。夕方でしたけど封を開けたあと近所の公園に持っていってみました。

まずはチンアナゴペグを打ち付けます。

そんなに深く打ち込まなくてもしっかり立つようになりますが、キャンプで使う時はもっと深く打ち込んで使うとより安定するでしょう。これでポールを迎える準備が整いました。

 

そして木目調ビッグタープポールをはめ込んでみると、すっぽりジャストサイズ!

まるではかったかのよう!

って同じメーカーだから当たり前か。

直径28mmのビッグタープポールだとすき間無くジャストサイズで入りますが、ネジ調節ができるので直径15mm~28mmまでのポールならこのチンアナゴペグを使うことができます。買う前にはこのサイズに合うポールかどうか要確認です。

木目調のプリントがなかなか良い感じです。簡単な作業であっという間にポールが立ちました。

これは想像以上に便利!

 

せっかくなのでランタンもセット。説明書には1kg以上のランタンを吊るす場合は必ず直径28mmのビッグタープポールを使用して下さいとあります。2kg以上のものを吊るしたり250cm以上のポールを使わないようにとも記載されているので注意しましょう。

洗濯物や布団を干したい場合はさらにロープを使って補強する必要があるでしょう。

ランタンを吊るすだけならロープを使わずに済むのでポールの見た目もスッキリします。木目調の雰囲気も良いですね。タープポールを好きな位置に自立させることができるチンアナゴペグ、なかなか良いです。

暖かい日が続くようになり少しずつ桜が咲き始めてます。新しいランタンスタンドも揃ったし、桜の満開めがけて早く次のキャンプに行きたいと思ってます。

そうなってくると次は新しいランタンも欲しくなっちゃいますね。ランタン、見るだけ見てみようかな

 

ということで新しいランタンまで買ってしまいました。

チンアナゴペグはその後売り切れました。
ブログランキング

↓この記事が参考になったらいいねのクリックをお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

あなたにおすすめ







@torikamablogをフォローする