こんにちは

冬キャンプでカマボコシールドを初めて使ってみた感想を書いてみます。もちろんカマボコテント2に装着しました。

 

カマボコテント2も結露はする

カマボコテント1では結露が多いという指摘がありそれをカマボコテント2ではテント生地の厚さを75Dから150Dという倍にすることで対策を施してきました。

テント生地が75Dというと持ってるコールマンタフワイドドームⅣのフライシートと一緒。それが大きな1枚の幕となってトンネル型テントになっています。

カマボコテント1を実際に使ったことはありませんが結露がすごいといった記事を読んだことがあったのでその改良型のカマボコテント2になってどの程度の結露があるのかというのは今でもキャンプに行くたびに気になっています。

2017年にカマボコテント2でカマボコシールド無しに8泊しました。結露は気候や立地条件等によって発生する量が違ってきます。朝方でもしっかり乾いている時もあれば天井までしっとりと濡れている時もありました。

雨の時を除いて結露が一番多かったのは9月に行ったイモ堀りキャンプの時でした。幕全体がしっとりと濡れていて幕内にしまっていたテーブルやチェアまで水滴がみられます。そしてテントをポンっと突くとパラパラっと水滴が落ちてきました。

テント生地が150Dのカマボコテント2だからといって結露をしなくなったわけではありません。軽減されてると思いますがいろいろと条件が重なると結構結露してしまいます。

寒い時期になるとテントを閉め切る時間も長くなりテント内で石油ストーブを使ったりするのでより結露しやすい環境になりやすいです。ストーブを使っていない9月のキャンプでの結露を経験したということもありストーブを使う冬キャンプに向けて

カマボコシールドを準備しました。本体とは別売のオプション商品です。

 

カマボコシールドの効果は

カマボコシールドの生地も150Dなので150Dのテント生地の上に張ることで2倍の幕でテント内と外気温との温度差を減らして結露の軽減が期待できます。

ということでクリスマスに行った冬キャンプでカマボコシールドを初張りしてみました。

張るときは幕をテントの上にかぶせて既に打ってあるペグにロープを引っ掛けるだけなので手順は簡単なんですがテントの背が高いので1人でやるとテントにかぶせるのが結構難しかったです。

シールドをきれいに張るのも結構難しいですね。テントをきれいに張れないとシールドもきれいに張れないことがわかりました。

テント内ではストーブや鍋やらでずいぶんと暖まり結露しやすい環境が整ってます。テント内をしっかりと暖めてからストーブを消して寝ました。

 

朝起きてみると心配していた天井の結露は無し。幕自体は薄めにしっとりと濡れてはいますが結露と言えるのはシールドがかかっていないサイド部分くらいです。気温がそれほど低くなかったので(最低5℃)全部のベンチレーションを開けたままだったのもよかったのかもしれません。

それでも朝はテント内の湿度が90%近くまで上がってます。この湿度の中で天井には結露がなかったことを考えるとカマボコシールドの効果は十分あったように思います。

まだ1回使っただけなのでその効果に対する評価がはっきりとしたわけではありませんが天井がカバーされてるだけで天井から落ちる水滴の心配が無い快適な朝を迎えることができました。

夏場など条件によっては使わなくてもいい場合もあると思いますが少なくとも結露の心配が高い冬キャンプにおいてはカマボコシールドを使うことで結露の心配は軽減されると思います。

 

シールドは2人でたためばあっという間なので結露の心配が高くなる寒い時期は手間を惜しまず使っていきたいと思います。

様々な条件の下で何回か使ってみないと本当の効果のほどはわかりません。今後使用してみてサンプルデータが増えてきたら続編を書きたいと思います

 

使ってるもの

ミニ用もあります

 

 

 

ブログ村

↓この記事が参考になった方はフォローのクリックをお願いします↓

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

 

あなたにおすすめ







@torikamablogをフォローする