スポンサーリンク

 

とりカマ
こんにちは。とりカマです。
テント内にラグを敷いたお座敷スタイルも良いかなって思ってます。

 

スポンサーリンク

ラグが欲しくなってきた

冬キャンプに向けて準備をしている最中ですが、準備のメインは寒さ対策。石油ストーブや毛布等の暖房グッズを買い進めてますが、いろいろ買ってるうちに着るものを含めてだんだん車の積載が怪しくなってきたので持っていかないものについても整理してみることにしました。

タープ・・・冬のオープンタープは寒そう
タープポール・・・タープが無ければ必要なし
ファイヤグリル・・・外でのバーベキュー、焚き火は寒そう
炭、薪・・・バーベキューや焚き火が無いなら必要なし

ということでキャンプの常連組だったものを持っていかないことで積載をラクにしていこうと思います。

タープやバーベキュー、焚き火が無いとなると必然的にカマボコテント内で過ごす時間が増えてきます。ストーブを持っていくつもりなのでテント内が暖かいとさらにテント内から動かなくなるでしょう。

 

カマボコ内はいつもテーブルとチェアを並べているのでリビングというよりダイニング型です。もちろんこれでも良いとは思いますが、テント内で過ごす時間が増えるとなるとダイニングよりもリビング型の方がより快適なんじゃないかなと思い始めます。インナーテント内でみんなでゴロゴロしてもいいけどせっかく広いツールームテントなのでその広さを生かすには

ラグを敷いたお座敷スタイル

も良いなと思うようになりました。

 

カマボコテント2にはどのラグサイズがいいのか検討

ネットでいろいろラグをみてるとだんだん欲しくなってたので気に入ったデザインのものがないかなって探してるとあっという間に時間が経ってしまいます。おしゃれなラグはたくさんあるけどデザインだけで選ぶと値段がとんでもないことになってしまうので、外で使う、こどもも使うということでお値段以上を求めてニトリへ下調べに行きました。

買う時はサイズのチェックも重要です。思ってたより小さかったとか大きかったとならないようにしなければなりません。

主なサイズは3種類ありました。

●1300×1850
●1850×1850
●2000×2500

文章で書いてもピンときませんね。こういうのは図を使った方がわかりやすいです。

 

カマボコテント2の寸法はこのようになっています。3mの横幅と6.4mの奥行があります。ここにラグを敷いてみることにします。

 

1300×1850のラグ

ラグを敷くとしたらインナー側になると思うのでインナー前にラグを敷いてみました。使ってるテーブルのサイズは1,000×600のものです。テーブルがある所がダイニング、ラグを敷いた所がリビングとするとリビングとしてはちょっと小さいかな。ストーブを置いてゴロゴロするにはもう少しサイズが欲しいところです。

 

1850×1850のラグ

横幅が1850になったことでずいぶん広くなりました。リビング・ダイニングのバランスも良し。ラグの上下の空白が多いですが正方形は使いやすい形だと思います。3人くらいならちょうどいいけど4~5人で使うとなるとまだちょっと狭い気がします。

 

2000×2500のラグ

もうひと回り大きくなったラグ。2500側を縦にして敷くことで上下の空白が埋まりました。少し空いた空白にはラック類を置いたり靴置きスペースにできるはずです。リビングが広がった代わりにダイニング側はちょっと狭くなりますがテーブルは食べる時だけしか使わないので快適な4~5人で使うリビングと考えるとこのサイズがちょうどいいかもしれません。

 

2000×2500のラグ2枚

ついでなので大きいサイズのラグを2枚敷いた全面お座敷スタイルを作ってみました。全面土足禁止スタイル。こういうのはこどもたちが喜びそうです。テーブルをこたつにするとますます快適度アップ。虫が少ない冬の時期には良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

ひとりごと

冬キャンプは寒さ対策が必要なので持っていくものがガラリと変わったりします。となるとまだまだ買わないといけないものがたくさんあるな~。ネットを見てるとついポチポチしてしまいそうになるので少しは控えるようにしなきゃいけませんね 😉 

 

ブログ村

↓この記事が参考になった方はフォローのクリックをお願いします↓

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  

 

あなたにおすすめ



楽天リンク


スポンサーリンク

Twitterフォロー