スポンサーリンク

 

とりカマ
>こんにちは。とりカマです。
今回はバーベキューで活躍する着火剤のお話しです。

 

スポンサーリンク

お手軽なバーベキューをするには

我が家ではキャンプに行けば必ずと言っていいほどバーベキューをしています。

キャンプを始めるまではバーベキューは家の中では絶対できないので庭でしていましたがこどもが大きくなるにつれてスペースが狭くなってきたし、隣近所への煙が少しは気になります。(特に何も言われませんけど一応)

それがキャンプ場だとのびのびと炭火をおこすことができるので、外でコンロを囲んで好きなものを焼きながらみんなでバーベキューするのは最高です。キャンプの楽しみの1つになってます。

とりカマ
火があるとキャンプに来たんだなって感じがします。

 

せっかくのアウトドアなので、普段家ではできないことを思いっきり楽しむようにしています。コンロを囲むバーベキュースタイルだと網を外して薪を投入すればそのまま焚き火をはじめることができるので、焚き火もしたい我が家にとってはちょうど良い感じです。

そして準備は食材を買うだけで済み、食器が少ないので洗い物も少なくてすみます。火さえおこせば手軽に楽しむことができるのがバーベキューの良い所だと思います。

 

火さえ・・・

 

そうです。バーベキューで最も大事なすんなり付くかいつまで待っても全然付かないかでバーベキューの手軽さが全然変わってきます。

 

いつまでたっても火が全然付かないようだと夜はだんだん暗くなっていくし、お腹を空かしたこどもたちのまだぁ~攻撃に耐えられなくなってきます。一人で汗だくで火おこしに苦戦してる間に時間がどんどん進んでいきますからね。火おこしによる時間ロスはキャンプを忙しいものにさせてしまうような気がします。

 

そんな火おこしの強い味方

今では火おこしに便利なグッズがいろいろあります。代表的なのが、

火おこし器。これはキャプテンスタッグのもの。火のついた炭を中に入れて消すことができる火消し壺にもなります。

キャンプ場ではそのまま焚き火をするので火を消すことはありませんが、庭でバーベキューをするときは終わった後に炭をこの火消し壺に入れて火を消してました。

 

火おこし器はうちわであおいだりしなくてもいつの間にかゴーゴーと火が付くのでとても便利です。炭を足したいときはこの写真のようにコンロの外で火を起こしてから火の付いた炭を足すこともできます。

 

人数が多くて一度に大量の炭火を起こすときなんかは大活躍します。そして人数が多いとバーベキューをしている時間も長いので炭を足す機会も増えます。炭を足すときにも火おこし器があるととても便利です。

 

スポンサーリンク

火おこしをさらに着火剤を使って時短

キャンプをする前にもバーベキューをしたりしていましたが、その時は火さえおきればいいやってことで新聞紙を丸めたり燃えそうなものに火をつけて火おこしをしていました。

時間はかかりますがこれでも何とか火が付くのは付きます。新聞紙は手軽に手に入るので良いのですが炭に付いた火を強くしようとうちわであおぐとブワっと灰が舞い上がるので気を付けなければなりません。

となると火おこしのきっかけとしては着火剤を使うのが一番良さそうです。

着火剤といっても固形タイプジェルタイプ等いろいろなものがあり、いざホームセンターに行ってみると意外と種類が多くてどれが良いのか迷ってしまいます。そんなときにズバリ、おすすめする着火剤がこちら。

 

ロゴスのファイアーライター

おすすめ着火剤○○選とかしません。おすすめ着火剤1選です。

今ではホームセンターでも手に入るくらい売れてる商品なので今更感もややありますが、まだ使ったことがないっていう方は一度試してみて下さい。

着火剤としての値段は少し高めかもしれませんが、使う量が少なくて済むので意外と経済的だし安物着火剤で時間を潰してしまうくらいならこのファイアーライターをおすすめします。

使い方はいたって簡単。

 

1パックに21個のキューブが入っていて、1~2個のキューブをコンロに置きます。
(目安は炭1kgあたり1キューブらしいです)そこに炭をテキトーにかぶせてチャッカマンでキューブに点火してみると、

 

あっという間に火が立ち上がります。火が付く、というだけなら一瞬です。

そしてこの火はかなりの時間このままです。ライターと名が付くとおり燃料が尽きるまでずっとこのまま燃え続けてくれます。でもこの立ち上がってる炎はファイアーライターが燃えてるだけなのではみ出してる炎に炭をかぶせて炎を隠します。

あとはただ待つのみ。これで火おこし完了です。簡単ですね。

 

お兄ちゃんに火の番をしてもらっている間にお皿やハシを準備したり、お米を炊いたりしてると

 

いつの間にか良い感じの火に仕上がってるのであとは好きなものを焼くだけです 🙂 

とりカマ
火がおきるのが早くて火おこしの心配が全く無いのでバーベキューがより手軽になりました

 

火おこし器も使わなくなった

はじめのうちは火おこし器プラスファイアーライターという組み合わせでした。ファイアーライターの安定した炎と火おこし器の風通しの組み合わせ。これは早かった。

火が起きるまでをとにかく早くしたいっていうならこの方法です。しばらくはこのセットで火おこしをしていましたが、火おこし器を使うと火がおきた時にひっくり返して炭をコンロに移す作業があるんですね。

もちろん熱いので耐熱手袋を使ってひっくり返すんですが、こどもが近くにいるとこのひっくり返す時がわりと危ないです。そしてギンギンに熱された火おこし器をこどもが触れることの無いように置かなければなりません。

 

また折りたたみができる火おこし器ならコンパクトになりますが、これはこの大きさのままなので車の積載を取ってしまいます。ファイアーライターだけでも火は十分おきるし、火を移し替える作業もしなくて済むのでいつしか火おこし器をキャンプに持っていかなくなりました。

とりカマ
火おこし器すら不要にさせてしまうファイアーライター。炭火だけでなく焚き火で使ったりもしています。少々太い薪でもしっかり火が付きます。着火剤としての性能は最高レベルの逸品といえるでしょう 🙂

 

使ってるもの

ブログ村

↓この記事が参考になった方はフォローのクリックをお願いします↓

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  

 

あなたにおすすめ






スポンサーリンク

Twitterフォロー