スポンサーリンク

 

とりカマ
こんにちは。とりカマです。
メモ代わりにカマボコテント2 (T5-489)の設営手順をまとめてみました。

 

おすすめ記事

 

スポンサーリンク

サイズ比較

2017年5月18日夕方、待ちに待ったドッペルギャンガーカマボコテント2がついに届き、19時まではまだ明るいからと市内の無料キャンプ場で初張りをしてみました。

段ボールから出した状態。大きさ比較用にペグケースと併せて買ったドッペルギャンガーアウトドアチェアを並べてみます。とにかくデカい&重い

コールマンタフワイドドームⅣとカマボコテント2の収納状態を比較しても圧倒的にデカい&重い(重量約16.9kg)です。

バッグは持ち手がついているのですが、持ち運ぶには肩から下げてやや中腰にして背中で支える必要があります。テントと比較するとデカい&重いのですが、テント&スクリーンタープと比較すると一つになっているので良いかなと思います。

 

セット内容

中を開けてみると

 

 

 

 

 

 

●テント本体
●インナーテント
●テントポール4本(アルミ)
●テントポール袋
●ペグ25本(ネイルペグ)
●ペグ袋

が入っています。

 

スポンサーリンク

設営手順

まずはテント本体を広げます。

大きいので一人だとそこそこ大変ですが、できる限りしっかり広げることでサイトのテント占有面積を大体つかむことができます。

DODロゴがある方がインナーテント側です。この時点でインナーテントの向きを確認しておきます。

 

4本のテントポールをカチャカチャと組み立てます。結構長いので広いスペースで組み立てるようにした方がいいです。

テントポールを組み立てるとオレンジ色のスリーブに通していきます。スリーブに通すときは押し入れるだけにします。長いので早くしたいからと反対側から引っ張ったりすると、ポールの接続が外れてしまい余計に時間がかかることになります。

途中でポールがスリーブに引っかかったりするのでスリーブを引き込んだりしながらポールの通り道を作り、ポールの先端が反対側のスリーブから出てきたらOKです。

 

4本のポールをスリーブに通したら、ポールの先端をスリーブの先にあるグロメットに差し込みます。グロメットは1ヵ所に2つあって内側はより密閉性を高くしたい冬用だそうです。(写真は外側に差し込んでいます)

 

ポールを4本左右全てのグロメットに差し込んだ状態。ポールは半円形状に曲がります。グロメットに差し込むのは左右どちらからでもいいのですが、反対側を差し込むときにしっかり力が必要な場合があります

とりカマ
ここは女性や子どもだけでは大変かも

 

このときかなりの力が必要になるときは、反対側の幕が引っかかってることが多いので幕が引っかかって引っ張られることがないよう広げたりしながらポールをグロメットに差し込んでいきます。

 

風上側の1本目のポール下部にペグを打ち込んで起き上げていきます。一人設営だとすぐ倒れてしまい大変なのでペグを仮止めしながら全てのポールをペグ止めして起こすのですが、2人以上での設営が推奨されています。

とりカマ
支えてくれる人がいるだけでラクになります。

 

1本目のポールを立てたら、残り3本のポールを一斉に立ててジャバラのように一気に広げていきます。なんとか起き上がったらポール部分のペグ打ちを先に行い、テントの前後もペグ打ちしながら全体を整えていきます。とりあえず仮でも良いので先にペグ打ちをしてしまい、どれか1本を基準にしてポールの位置を調整しながらピンと張れる位置で固定用の本ペグ打ちをしていきます。

 

ペグ位置を整えたら、初めからスリーブに付いてたガイロープをペグ打ちします。(左右合計で8本分)

ガイロープの色は白でアルミ自在も付いていました。

ガイロープの取り付け方についてはこちら ↓

 

インナーテント側のスクリーンは、

●全開
●半開
●ちょっと開き(写真の状態、ペグ打ち必要)
●全閉

の4パターンあります。インナーテント側のスクリーンを好きな形に開けたり、テント四隅のベンチレーションを整えるとほぼ外観は完成です。

 

とりカマ
作業手順はいたって単純。これだけで2ルームテントが完成するなんて、素晴らしい! 設営時間のかかりやすいファミリーキャンプに最適なテントですね 😀 

 

中に入ってみると広々! 😛 天井高が中央で1.95mあるのでテント内でかがむ必要もありません。

 

とりカマ
いろいろなレイアウトが楽しめそうです

 

インナーテント

続いてはインナーテントです。

インナーテントにはあちこちにトグルフックが付いていて、ポールの丸フックにどんどん付けていきます。入口と奥側を合わせるとたくさんありますがもれなく全て付けていきます。初めて付けるときは奥側から。

フックはあまり力を入れなくても引っ掛けることができますが、思いっきり引っ張らないと引っ掛けることができなかったり、フックに届かないときはテントポールの位置が悪かったりバランスが悪い可能性があるのでテントポール位置を見直してみるといいと思います。

 

最下部6ヵ所にそれぞれフックが付いています。ペグを打ったところに引っ掛けるものが付いているのでそれに引っ掛けるだけです。

 

カマボコテントT5-460では奥2ヵ所をペグ打ちで固定とありますが、カマボコテント2はこの位置にもフックが付いているのでそこに引っ掛けるだけで済むようになりました。

 

全てのフックを付けるとインナーテントの完成です。とても簡単。

そしてインナーテントを付けたまま幕をたたむことができます。そうすると次回設営するときにフックを引っ掛ける作業が無くなるのでより手早く設営ができるようになるのですが、最下部のフックはたたんだ後に外れたりするのでそれが奥側だったりすると通るために入口側のフックを一旦はずさないと奥に行けません。でも幕と一緒にインナーテントをたたんだ方が何かとラクでいいです。

 

撤収手順

まずテント四隅のベンチレーションをたたみます。次に8本のガイロープをくるめてペグを抜きます。ポール用のペグも抜いてテントを倒し、4本のポールをはずして折りたたみます。

※ポールをスリーブから抜く際は、入れる時と同じく押し出すようにします。
※ポールを折りたたむときは、中間で折りたたむと良いようです。順序が違うとゴムひもの張力が偏り、ゴムひもが切れる原因になるようです。

そして最後にテントをたたみます。インナーテントごと折りたためます。

幕のたたみ方は図のとおりです。1人だと大変ですが2人いればそれなりにきれいにたたむことができます。

 

撤収順序

①ベンチレーション
②ガイロープ
③ペグ
④ポール
⑤テント

テントをたたむのはひとりでは簡単にはいかないので、適当に丸めて縛るとバッグいっぱいになります。2人できれいにたためばバッグに十分おさまります。

ペグは別売りのペグケースで管理することにします。

とりカマ
テントをたたむのも2人以上が推奨です

 

以上、設営から撤収までをまとめてみましたが気付いた点があれば追記していきます。

 

※2017年5月20日追記、誤字訂正
※2017年6月1日追記
※2017年6月15日追記
※2017年7月18日追記
※2017年9月6日追記
※2018年2月3日リンク追記
※2018年5月2日リンク追記、デザイン改定

 

これもあった方がいいです

 

 

使ってるもの

ブログ村

↓この記事が参考になった方はフォローのクリックをお願いします↓

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  

 

あなたにおすすめ



楽天リンク


スポンサーリンク

Twitterフォロー